2023年1月21日土曜日

3.5mm 4極


HA-2の3.5mm 4極のグランド分離接続に対応した、オレンジパールのiect_01_bl3mを2015年に発売しました。

https://onsoproject.blogspot.com/2015/06/iect01.html

HA-2の生産終了後、PHA-2AやNW-ZX300/500などのDAPでも同様のケーブルが使用できたこともあり、いまも01と03の3.5(4極)-mmcx仕様を残して、生産を続けています。

最新のウォークマンで3.5mm側のグランド分離仕様が示されたことで、新たに試そうと考えている方も多くいらっしゃると思います。

急に注目されたこともあり、01、03とも在庫切れでご迷惑をおかけしておりますが、少し仕様を変更して生産を開始しています。

完成次第、順々に発売していく予定です。

2022年12月23日金曜日

balanced line cable 4.4-4.4

 







7月に発売した4.4-XLRバランスケーブルに、4.4-4.4タイプを追加しました。

一部のDAPやDACに搭載されている4.4ライン出力と、4.4ライン入力を搭載したヘッドホンアンプを接続するためのケーブルです。

イヤホンやヘッドホン向けのバランスケーブルと異なり、シールドが4.4プラグのスリーブにグランドとして結線されています。

下記のピンアサインを参考に、機器の仕様を確認の上ご使用ください。


stct_02_4545 製品ページ https://onsoproject.com/stct_02_4545.html
stct_02_45x 製品ページ https://onsoproject.com/stct_02_45x.html

2022年11月14日月曜日

hpct_03 3.5 と99 CLASSICS 試しました

 03の3.5mm-2極タイプのヘッドホンケーブルと、MEZE AUDIO 99 CLASSICSとの嵌合について何度か問合せをいただいていたので試してみました。その結果の報告です。

99 CLASSICSは、3.5ジャックが筐体からわずかに奥まっており(リセスタイプ)、プラグ側の外径が細くないと挿せない構造になっています。









実際に挿してみると問題なく嵌り、音も確認できました。

ですが、嵌合部の寸法を確認すると、ヘッドホンケーブルhpct_03の3.5mm-2極タイプでは、プラグの外径がアルミスリーブ部分で6.2mm、その先の樹脂部分が5.8mmで設計しているのに対し、ヘッドホン側ジャックの嵌合部位内径はピンゲージを当てると6.1~6.2mmでした。

アルミスリーブ部分がジャックの内径を超えており、挿入不可能と思われますが、写真のようにアルミ部外周がヘッドホン側嵌合部分に一周囲まれる前にプラグが嵌り、全体が外にわずかに逃げて挿入出来ていると思われます。

今回準備したヘッドホンでは音の確認まで問題なく進めましたが、アルミスリーブの外寸がヘッドホン側嵌合部の内径を超えていることや組み立ての個体差も考えられるので、ヘッドホン側の挿入部に傷をつけてしまう可能性もあり、推奨はできないという結果とします。

それでも試したいという方は自己責任でお願いします。

ただ、音はいいです。